携帯・デジカメ

2013年1月30日 (水)

iPhone5に乗り換えてみましたー!

いつかはiPhoneと思って早5年、やっと念願のiPhoneに乗り換えることができました!

iPhone 4Sは2011年10月5日に発表され、アメリカ、カナダ、イギリス、フランス、ドイツ、オーストラリア、日本の7地域で同年10月14日に発売され、3日間で400万台を突破した。外観はiPhone 4からほぼ変更は無く(マナーモードボタン位置、アンテナ本数のみ)プロセッサはiPad 2と同じデュアルコアA5 チップを搭載、グラフィック性能では7倍に向上している。背面カメラは800万画素裏面照射型CMOSを採用、レンズもF2.4になり性能が向上し、動画撮影も1080pフルHD動画の撮影が可能となった。

HSDPA通信が14.4Mbpsと高速化した他、同一モデルでUMTS (W-CDMA)・GSM及びCDMA EV-DO Rev.Aに対応するよう作られている。ただしSIMロックフリー版のiPhone 4SではCDMA回線利用はできない。従来からのGPSに加え、ロシアの軍事衛星GLONASSによる位置情報検出に対応。

利用者の音声で応答や処理を行う自然言語処理システムであるSiriを搭載する(4SのSはSiriのSである)。ラインナップにはブラック・ホワイト各色に16GB、32GB、64GBが用意される。日本ではキャリアとして従来のソフトバンクに加え、au(KDDI/沖縄セルラー電話連合)でも発売された。

そんな中で、10年以上も使っていたドコモからキャッシュバックでソフトバンクiPhoneに乗り換えしましたー!

2012年9月12日に発表され、アメリカ・日本など一部の国は9月21日、その他の国は同28日に発売される。画面サイズは縦に大きくなり、これに合わせる形で外観もサイズが縦長になったほか、イヤホンジャックが下面に移動しDockコネクタも8ピンのLightningコネクタに変更、薄さも 7.6mmと従来よりも薄くしている。

AppleA6プロセッサーを搭載、カメラ性能も向上させたほか、iPad第3世代モデルではアメリカとカナダしかサポートしなかったLTEを本格的に対応、対応バンドとGSM/CDMAの別にあわせて3モデル用意する。日本からはソフトバンクとauから発売されている。価格はiPhone4Sと同じとなる。